☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

フィナステリドってどんな人に効果あるのか

フィナステリドってどんな人に効果あるのでしょうか   基本的にAGAの人に対しては効果があるとされています。 AGAというのは、ジヒドロテストステロンが根本の原因である薄毛であり、体質等も大きく影響していきます。   このような人たちが利用をしていくと、ジヒドロテストステロンを抑制し、 体内から脱毛を促進させる要素が減ることで、髪の毛が育ちやすくなり、発毛を実感して... 【もっと読む】

プロペシアに含まれる成分とその効果は?

プロペシアに含まれている成分とは?   プロペシアに含まれている成分としてはフィナステリドがとても有名です。 このフィナステリドというのはノコギリヤシという植物を元にして作られた成分であり、 プロペシアの根幹を担っている成分となります。 この成分がプロペシアそのものと言ってしまうこともできるものであり、 AGAに対して効果的な作用をしてくれるものになります。 近年では非常に... 【もっと読む】

男性の薄毛の原因と改善方法

男性の薄毛の原因は?   日本の成人男性の4人に1人が「AGA」だというデータがあります。 AGAは男性の睾丸から分泌され、骨や筋肉など男性らしい 体を作る役割のある「テストステロン」という男性ホルモンと、 前髪のある前頭部やつむじ周囲の頭頂部に多く存在する「5αリダクターゼ」 という酵素が結びついてできる「ジヒドロテストステロン(DHT)」 という男性ホルモンが原因で発症... 【もっと読む】

女性の薄毛の原因と改善方法

女性の薄毛の原因は?   「びまん性脱毛症」は男性でも起こりますが、女性に最も多い脱毛症です。 加齢による女性ホルモンのバランスの乱れ、生活習慣の乱れ、 ヘアケア方法の間違い、ストレスなどが原因で発症します。   最初は髪のコシがなくなったと感じ、放置しておけば分け目の周囲の薄毛が広がっていきます。 そして「分娩後脱毛症」は産後の女性の多くが発症します。 髪を太... 【もっと読む】

薄毛サプリや薄毛治療薬に関して・・・

日常の抜け毛の数の多寡よりも、長い毛が抜けたのか短い毛が抜けたのかなど 「どのような髪が抜けたのか?」「常日頃と比較して抜け毛の総数が増えたのか減ったのか?」 が重要な部分になるかと思います。   薄毛のトラブルに対しましては、手遅れな状態に陥る前に、 1日でも早く頭皮ケアに取り組むことが必要不可欠です。   例えば、プロペシアとフィナステリドは?  ... 【もっと読む】

生え際が後退する原因

生え際が後退する原因を簡単にまとめますとこのようになります。   髪が薄くなってしまう原因は様々ですが、 生え際が薄くなる頭頂部の薄毛(M字型はげ)の原因の多くは、 男性ホルモンの影響や遺伝などです。 その他、乱れた生活習慣やストレス、暴飲暴食なども要因となります。   男性ホルモンの影響による薄毛はAGA(男性型脱毛症)と呼ばれ、 前頭部や頭頂部がM字型やO字... 【もっと読む】

女性の薄毛の原因は?女性ホルモンの影響による薄毛と抜け毛

女性が薄毛になる原因もいくつか考えられますが、女性ホルモンの影響による脱毛症もその1つです。 女性ホルモンといえばエストロゲンとプロゲステロンの2つがあげられますが、女性の薄毛に関わっているのはエストロゲンです。 エストロゲンはヘアサイクルのなかで、成長期に髪を太くしたり艶やかな髪を育てる働きをしています。 エストロゲンの分泌は20歳ごろをピークに年齢とともに少しずつ減少していきます... 【もっと読む】

髪を育てる栄養を知っておきましょう

髪の毛を育てるためにはさまざまな栄養が必要ですが、 髪の毛をつくっている主成分はケラチンというタンパク質なので、 まずは良質なタンパク質を欠かさず摂ることが大切です。   たんぱく質には肉や魚、卵など動物性タンパク質と、 大豆製品など食物性タンパク質があげられますが、 髪を育てるためには豆腐や納豆など植物性のタンパク質を摂ったほうが良いと考えられています。 それは、動物性脂... 【もっと読む】

HARG療法?HARGは安全?本当に薄毛が改善する?

HARG療法はどうして効果が高いの?   HARG療法では、人間の細胞のもととなる幹細胞から抽出した 150種類以上にも及ぶ成長因子を使って「HARGカクテル」という薬剤を作ります。 そして、この薬剤を頭皮に直接注入するのです。   髪には毛周期サイクルというものがあり、いろいろな原因でこのサイクルが乱れると薄毛や抜け毛が生じます。 この原因によって直接的に必要な... 【もっと読む】

簡単に出来る抜け毛予防の方法と育毛方法 Part.5

・早寝早起きをする 髪が昼間に受けたダメージは寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されていくので、 十分な睡眠をとらなければなりません。 早起きは、朝体を目覚めさせ、朝食をしっかりと食べる為にしっかり起きましょう。   ・ゲームやパソコンのやりすぎに注意 人間が目から受ける刺激と言うものは大きく、深い睡眠の持続時間に大きく関係します。 寝る前30分間ほどはなるべく... 【もっと読む】

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP