☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

薄毛対策って何ができる?

薄毛(うす毛)を予防・改善するために有効な対策は、栄養バランスのとれた食事、
ストレスをためない生活、ストレス解消法を見つける、タバコ、酒を控えるなど。
要は健康的な生活を送ることが重要です。
こういう私生活の改善があってこそ毛髪は正しい成長を続けていきます。
やはり健康な生活が、体にも薄毛(うす毛)にも良いという事です。
 

育毛

 
成長と予防を同時に行なう行為で、地道に髪を育てる方法です。
どんな育毛法にしろ、すぐに髪が増えるというものではなく、根気よく続けていく必要があります。
 

育毛剤

 
育毛剤は大きく分けて3種類に分類されます。
 
1. 血管拡張剤
毛根に栄養を補給することによって抜け毛を防ぎ、健康な毛髪を育てようとするものです。
各種アミノ酸や脂肪酸、植物エキスなどを配合しているものです。
 
2. 栄養剤
成長と予防を同時に行なう行為で、地道に髪を育てる方法です。
どんな育毛法にしろ、すぐに髪が増えるというものではなく、根気よく続けていく必要があります。
 
3. ホルモン系剤
薄毛(うす毛)になるのは男性ホルモンが大きく影響していると言われています。
この男性ホルモンの働きを抑え込んだりするための薬剤で、女性ホルモン剤や抗男性ホルモン剤といわれるものです。
 

マッサージ

 
頭皮の血液の循環をよくするために頭皮をマッサージします。育毛剤使用時に併用して行うと良いでしょう。
 

ヘアケア

 
シャンプーはヘアケアの第1歩です。一般的に「汗っかき」「脂性」の人に、
薄毛(うす毛)や抜け毛が多いようです。シャンプーをおこたると「カユミ」や「フケ」が発症します。
特に、脂性のフケが多くなると、毛を作る毛根部での毛髪の角化が阻害され薄毛(うす毛)や抜け毛の原因になります。
 
シャンプーの回数ですが、脂性の人は毎日シャンプーする方が良いと思います。
乾燥肌の人はシャンプーをしすぎると乾燥が進み、逆に頭皮に悪影響の場合もあります。
夏場以外は2日に1回位でよいでしょう。どんな人でも3日もシャンプーをしないと、
フケやカユミが出てきますが、これは正常な新陳代謝による物で、これ以上間隔があくと、
かえって他の皮膚炎(脂漏性湿疹など)などを引き起こすおそれがあります。
実は毎日のシャンプーが頭皮を清潔に保ち、薄毛(うす毛)や抜け毛予防に非常に重要な役割を担っているのです。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP