☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

頭部体温と薄毛の関係

薄毛になる人は体温が低い特徴があります。
近年では体温の低さが身体の耐性を弱まらせてしまうことがわかっており、
あらゆる病気にかかりやすくなる発表もあるほどです。
 
また、体温は身体の場所によって温度の差が発生しやすく、
心臓付近(ワキ下)の体温が高くても頭部の体温が非常に低い場合があり、
薄毛を加速させてしまう恐れがあります。
 

平熱として適切な体温と免疫力

 
一般的に人間の体温の平均は36.5度ぐらいだと言われ、
これは体内の酵素が最も活性化される体温です。
低体温となれば酵素の働きが弱くなることから新陳代謝効果が悪化し、
免疫力が大きく下がることから病気になりやすくなるわけです。
主に平熱が36度以下の人を低体温症と呼びますが、
低体温は代謝能力の低下を導いてしまうために疲労感が出たり生活習慣病にかかりやすい統計があり、
ガンにかかりやすくなるという側面もあります。
低体温症の特徴としては、すべてに当てはまりませんが
脂肪の燃焼効率が下がることから太りやすくなることが挙げられ、
35度台に落ちるとガン細胞が活発化する他、血管組織の硬化が起こりやすいと言われています。
 

頭皮体温と発毛の関係

 
代謝能力の低下は頭部毛根組織にも影響します。
低体温症は体内酵素の働きを悪くするので脱毛ホルモンの影響も弱まりそうですが、
 
不都合なことに健康状態を維持するための代謝に関係する酵素のみ働きが悪化します。
AGA(男性型脱毛症)であれば、脱毛男性ホルモンに関連する酵素は
AGAという一種の病に関連するものですので、健康な髪を生成するための酵素のみが弱り脱毛を進めてしまうのです。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP