☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

薄毛の症状が起こる理由

薄毛とは何らかの原因で髪が細くなったり、抜け落ちたりと正常な成長をしなくなり、
その結果、「髪の毛が薄くなる」といった状態になることです。
薄毛になる原因は大きく分けて5つあります。
 

▼男性ホルモン

 
男性ホルモンの中で薄毛を引き起こす原因とされているのがジヒドロテストステロン(DHT)です。
DHTは頭皮から過剰な皮脂を分泌させるはたらきがあり、
これにより毛穴が塞がってしまい髪の毛が十分に育たなくなってしまいます。
「最近髪が油っぽい」という人は、DHTが増えてきているかもしれないので注意が必要です。
 

▼遺伝的要素

 
薄毛には遺伝が大きく関係していると言われています。
実際、薄毛になりやすい体質というのはある程度受け継いでしまう傾向があり、
親や祖父、祖母が薄毛だと子供も薄毛になる傾向があります。
 

▼ストレス

 
心や体にも悪影響を及ぼすストレスですが、薄毛や抜け毛にとっても例外ではありません。
ストレスが自律神経やホルモンバランスを乱し、血流が悪くなると、
毛根に栄養分を十分に運べない状態となるため、薄毛・抜け毛に繋がってしまいます。
 

▼食事・生活習慣

 
偏食による栄養不足や、飲みすぎ食べ過ぎによる内臓器官の酷使などにより、薄毛が発生することがあります。
また、同時に不規則な生活や喫煙も髪の成長を妨げています。
 

▼頭皮のヘアケアによるもの

 
洗わないで不潔にしていることや逆にシャンプーによる過度の洗髪によって頭皮を痛めることも薄毛・抜け毛の原因になります。
また、パーマやヘアカラーのしすぎも薄毛・抜け毛を促進する場合があります。

 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP