☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 薄毛治療薬の初期脱毛

薄毛治療薬の初期脱毛

初期脱毛とは発毛医薬品を使用したAGA治療をおこなった際に
1ヶ月~2ヶ月ほど抜け毛が増える現象のことで、
不健康な髪が多いほど抜け毛が多くなる特徴があります。
これは新毛生成が起こるために発生するもので、
痩せて弱った毛根がたくましい髪を生成するための行程で必ず発生します。
毛根活性経過を示している証拠とも言える現象です。
 

初期脱毛のメカニズムと期間

 
初期脱毛は発毛医薬品の使用開始後1~2週間で発生します。
特に目立つのは洗髪時で、普段と比較して約2~5倍ほど
(使用薬品による差や個人差があります)の抜け毛となるので
すぐにわかりますし個人差もありますが驚く現象と言えます。
この現象発生は毛根細胞の成長効果が起因し、
脱毛男性ホルモンを含めた薄毛化の要因によって
浅く脆弱に変貌してしまった毛根のヘアサイクルを適正化させる効果になります。
 
弱い休止期の髪が大半となる状態からヘアサイクルを元に戻すための働きです。
具体的に言えば、ヘアサイクルが狂った状態で休止期に入った細く栄養の薄い髪は、
そもそもヘアサイクルを統括する毛母細胞の弱体化によって弱い髪として生成されたものなので、
毛根が再生する際にヘアサイクルの狂った髪を抜けさせて強い髪を作り出す毛根の再生現象なのです。
言い換えれば新しい強い髪が不健康な髪を押し上げる現象です。
このために「抜け毛が増えた…」と悲観するのは間違いということになります。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP