☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 【女性薄毛】女性ホルモンと薄毛の関係

【女性薄毛】女性ホルモンと薄毛の関係

女性が薄毛になる原因もいくつか考えられますが、女性ホルモンの影響による脱毛症もその1つです。
女性ホルモンといえばエストロゲンとプロゲステロンの2つがあげられますが、女性の薄毛に関わっているのはエストロゲンです。
エストロゲンはヘアサイクルのなかで、成長期に髪を太くしたり艶やかな髪を育てる働きをしています。
エストロゲンの分泌は20歳ごろをピークに年齢とともに少しずつ減少していきます。
歳とともにエストロゲンの分泌量が減少することによって、成長期で髪が十分に育たなくなるため、全体的に細い髪の毛が多くなるのです。
そのため、髪にボリュームがなくなったり地肌が透けてみえるような女性の薄毛の典型的な症状が起こります。
 

女性でも更年期以降は脱毛が進みやすい

 
女性でも男性にくらべればわずかですが男性ホルモンが分泌されています。
とくに更年期以降になると女性ホルモンが著しく減少するため、相対的に男性ホルモンが増加します。
このため、女性でも男性型脱毛症のメカニズムが働き、男性型脱毛症と同じような症状が起こりやすくなります。
これを男性のAGAに対しFAGA(女性の男性型脱毛症)と呼ぶこともあります。
女性は男性ホルモンの影響が少ないため、髪が抜け落ちてしまうことは少ないのですが、
これは更年期以前のことで、更年期以降になると女性でも男性ホルモンの影響によって薄毛や抜け毛が起こりやすくなります。

 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP