☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 薄毛になりやすい食べ方

薄毛になりやすい食べ方

薄毛になりやすい食べ方とは何でしょう。
まず大前提として、髪の毛も細胞ですので、血液から栄養を取りこんで、細胞分裂しています。
ですので、血流が悪いと髪が上手く生えてこなくなります。
次に皮脂が過剰分泌すると毛穴が詰まりやすくなります。
薄毛になりやすい食べ方のポイントは、血流を悪くする、脂質を取りすぎる、肥満になりやすい食べ方という事です。

 

▼夜寝る前に食べる

 
髪の毛の成長に影響があるホルモンは、夜10時~2時の4時間に活発に分泌されます。
その際に、お腹に食べ物が入っていると、血液は消化を促す為に、胃に集中します。
そうすると折角の毛を作る時間に、血流が頭皮に行かず、上手く髪が作れなくなってしまいます。
また夜寝る前に食べるという事は、肥満の原因にもなります。
肥満は、薄毛の大敵です。太ると血液が末端まで通り難くなります。
 

▼食べすぎる

 
上記の内容と若干重複しますが、沢山食べるという事は、その分太りやすくなります。
上記でも説明しましたが、太ると血流が悪くなり、末端まで血液が通り難くなります。
その為、髪に必要な栄養素が行き渡らなくなり、薄毛の原因となります。
また肥満になると汗をかきやすくなり、頭皮が詰まりやすくなります。
加えて食べ過ぎは内臓にも負担がかかります。内臓が上手く働いていないと、必要な栄養素が取れません。
必要な栄養素が足りないと、末端である(命に直接の影響がない)髪に行く栄養が減ります。
太っている事は、薄毛にはとても悪い影響を与えます。
 

▼過度なダイエットをする

 
過度なダイエット=食事制限は、必要な栄養素が摂取できない事が多々あります。
必要な栄養素が足りないと、生命維持にかかわりが遠い所から、栄養分配が減っていきます。
その最たるものが、髪の毛です。薄毛でも人は死にません。
過度なダイエットは、髪に必要な栄養が行き届かなくなってしまいます。
薄毛が気になる方は、きちんとした食生活を心掛けましょう。
 

▼外食ばかりする

 
外食では、脂っぽい食事や塩辛いものを取りすぎる傾向にあります。
脂っぽい食事は、頭皮から皮脂を出させて、毛穴を詰まらせる原因となります。
塩辛いものは、肝臓機能の低下を誘引し、血流を悪くさせてしまいます。
また外食だとカロリーを多く取ってしまいがちになり、結果的に肥満になりやすくなります。
出来るだけ自炊するように心がけましょう。自炊をする場合は、以下の食材を使うと薄毛に効果的です。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP