☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

髪を育てる栄養を知っておきましょう

髪の毛を育てるためにはさまざまな栄養が必要ですが、
髪の毛をつくっている主成分はケラチンというタンパク質なので、
まずは良質なタンパク質を欠かさず摂ることが大切です。
 
たんぱく質には肉や魚、卵など動物性タンパク質と、
大豆製品など食物性タンパク質があげられますが、
髪を育てるためには豆腐や納豆など植物性のタンパク質を摂ったほうが良いと考えられています。
それは、動物性脂肪に含まれる脂肪やコレステロールは摂りすぎると髪の発育を妨げる原因になるからです。
血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが増えると、皮脂の分泌を過剰にしたり毛母細胞の分裂を阻害したりするのです。
太っている人は薄毛になりやすいといわれますが、動物性脂肪を取りすぎると薄毛が起こりやすい状態になるのです。
ですから、できるだけ植物性のタンパク質を継続してしっかり摂ることが髪の発育を根本的に支えます。
 
1日の量は少なくても良いので毎日欠かさず摂ることを習慣にすると、薄毛になりにくい髪質に変化していきます。
また、味噌のような大豆を発酵した調味料も髪の栄養になります。
味噌の中でもとくに八丁味噌には吸収の良いアグリコン型イソフラボンが豊富に含まれています。
味噌汁に使う味噌を八丁味噌に変えてみるのも良い工夫ですね。
タンパク質の次に必要となる栄養は、亜鉛とビオチン(ビタミンH)です。
亜鉛は髪の毛の細胞分裂を活発にし、発毛を促進する栄養素です。
ビオチンはビタミンHともいわれますがビタミンB群の一種で、タンパク質の代謝を高め髪の成長を促進します。
また、鉄分がが不足すると薄毛が起こりやすいことも科学的に明かになっています。
亜鉛やビオチンを積極的に摂り、鉄分は不足しないように心掛けると薄毛の解消につながります。
 
レトルト食品やファストフードなど加工食品には亜鉛の吸収を阻害する食品添加物が入っていることが多いため、
こうした食品を多く食べる習慣は薄毛や抜け毛の原因になることがありますので注意して下さい。
 
ビオチンはレバーやナッツ類に多く含まれています。
水溶性ビタミンなので一度にたくさん摂るよりもに毎日欠かさずこまめに摂るようにすることが効果を高めるポイントです。
 
鉄分は吸からだへの収が悪いことが難点ですが、肉や魚介類など動物性の鉄分にはヘム鉄が含まれるので、植物性の鉄分より吸収率が高くなります。
また、鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収率がさらにアップします。

 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP