☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 薄毛サプリや薄毛治療薬に関して・・・

薄毛サプリや薄毛治療薬に関して・・・

日常の抜け毛の数の多寡よりも、長い毛が抜けたのか短い毛が抜けたのかなど
「どのような髪が抜けたのか?」「常日頃と比較して抜け毛の総数が増えたのか減ったのか?」
が重要な部分になるかと思います。
 
薄毛のトラブルに対しましては、手遅れな状態に陥る前に、
1日でも早く頭皮ケアに取り組むことが必要不可欠です。
 

例えば、プロペシアとフィナステリドは?

 
プロペシアとフィナステリドの相違点は何かと言いますと、
「先発医薬品(プロペシア)かジェネリック医薬品か」という点です。
双方ともにフィナステリドを混入している薬ということなので、効果はほぼ一緒だと断言できます。
 
いつもの生活の中で、発毛を妨げるマイナス因子を取り除け、
育毛剤や育毛シャンプーを使用してプラス因子を提供し続けることが、
ハゲの予防と復元には欠かすことも大事だとは思いますが、
AGAを治療するためにフィナステリドを摂取するという場合、
1日あたりの適正量は1mgとのことです。この量さえ遵守していれば、
男性機能が不調に陥るといった副作用は1%程度とされています。
 

ミノキシジル(ロゲイン)ってどうなの?

 
頭皮部分の血流は発毛に最も影響を齎しますので、
ミノキシジルが保持する血管拡張作用と血行促進作用が、発毛を現実のものにすると指摘されているわけです。
 
強靭な髪にするには、頭皮ケアをきちんとやることが必要です。
頭皮と申しますのは、髪が強く成長するための土地であり、髪に栄養を運ぶための大事な部位だと言えます。
 
抜け毛が多くなったと知覚するのは、もちろんシャンプーで洗髪している時だと思います。
これまでと比較して、間違いなく抜け毛が増加したと思う場合は、
それ以上進まないように対策を打つべきです。
 
プロペシアが販売されるようになったことで、AGA治療は劇的な変化を遂げました。
以前は外用剤として使用されていたミノキシジル(ロゲインなど)が主流だったのですが、
その業界に「内服剤」仕様という形で、”世界初”のAGA薬が投入されたのです。
 
頭の毛が生える為に必要不可欠な栄養素は、血液により搬送されます。
簡単に言うと、「育毛の為に大切なのは血行促進」ということが明らかなので、
ミノキシジルタブレットなど育毛サプリを見ても血行促進をうながし薄毛対策にはなっております。
 
最近では、個人輸入の並行薬品も多く出回っています。
「個人輸入の方が安いのは理解できるけど、まがい物や劣悪品が届けられないか気掛かりだ」
と言われる方は、信頼のおけるクリニックのご相談されるのが一番でしょう。
 
ですので、育毛サプリ、育毛治療薬は慎重に選定して下さい。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP