☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. プロペシアに含まれる成分とその効果は?

プロペシアに含まれる成分とその効果は?

プロペシアに含まれている成分とは?

 
プロペシアに含まれている成分としてはフィナステリドがとても有名です。
このフィナステリドというのはノコギリヤシという植物を元にして作られた成分であり、
プロペシアの根幹を担っている成分となります。
この成分がプロペシアそのものと言ってしまうこともできるものであり、
AGAに対して効果的な作用をしてくれるものになります。
近年では非常に知名度の上がってきている成分であり、知っている人も少なくありません。
 

そもそもプロペシアとはどういう薬なのか

 
プロペシアというのはどのような薬であるのかというと、
プロペシアは5αリアクターゼという酵素の働きを阻害していく効果があります。
この酵素はAGAの原因であるジヒドロテストステロンを作っていく過程に非常に深く関係しており、
この酵素を抑制していけるというのは、AGAの根本治療につながっていくことになります。
それゆえに、プロペシアは大きく注目を受けており、成分にも関心が集まっていることになります。
強い効果を持つ成分であり、取扱いには注意が必要です。
 
ホルモンに間接的に作用をする薬であるため、体に与える影響は良くも悪くも大きなものになっています。
それゆえに利用する際には医師の処方が必須であり、医師との連係のもと利用をしていく必要があるとされています。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP