☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. ザガーロについて Part.1

ザガーロについて Part.1

薄毛に効果的な治療薬として有名なのは?
と聞かれると、多くの方が「プロペシア(有効成分フィナステリド)」または
「リアップ(有効成分ミノキシジル)」を挙げるのではないでしょうか。
これらはどちらも厚生労働省の認可があるので、効果があるのも納得です。
ところが最近になって、プロペシアと似たような作用なのにプロペシアよりも
効果が高いと言われる治療薬が注目を集めています。
それが、「ザガーロ」という名前の治療薬です。
2015年に国内で認可されたばかりですから、今後の治療効果が期待されます。
とはいえ、効果が高いとなると、心配なのが副作用です。
そこで、ザガーロという薄毛治療薬の効果や副作用について、詳しくご紹介します
 
ザガーロは、2015年9月に厚生労働省に承認されたばかりの新しい男性型脱毛症治療薬です。
男性型脱毛症はAGAとも呼ばれるので、AGA治療薬とも言われます。
では、ザガーロとはどのような治療薬なのか、主成分や販売元などの情報を確認しましょう。
 

有効成分はデュタステリド

 
ザガーロには、デュタステリドという有効成分が配合されています。
実はこの成分、薄毛治療のために開発されたのではなく、
前立腺肥大症の治療用成分として開発されたものです。
前立腺肥大症の治療薬として使用されていた際の名称はアボルブでしたが、
アボルブに薄毛改善効果があることがわかり、それを元に薄毛治療薬としてザガーロが登場しました。
前立腺肥大症には、ジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが関係しています。
男性型脱毛症にもジヒドロテストステロンが関係しているので、効果が得られるわけです。
 

AGAの主な原因はジヒドロテストステロン

 
ご存知の方も多いかもしれませんが、男性型脱毛症であるAGAの主な原因は、
ジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉ホルモンです。
通常髪の毛は、生えて成長し古くなると抜け落ちるということを一定の周期で繰り返しています。
ヘアサイクルの休止期が終わると、再び髪の毛は成長期に入って行くわけです。
ところが、男性型脱毛症に悩まされる人の場合、
ジヒドロテストステロンが脱毛シグナルを出すことでヘアサイクルが乱れ、
成長期が数か月から1年程度に短縮されてしまいます。
そうなると、髪の毛が十分に成長できず細く短くなるため、薄毛を招くのです。
成長期が短くならないようにするには、
髪の毛が十分成長できるようにジヒドロテストステロンの発生を抑える必要があるということです。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP