☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 薄毛の前兆を把握して効果的に対策

薄毛の前兆を把握して効果的に対策

薄毛は、なってしまってからではできる対策が限られてしまいます。
今は治療方法も多くなって、一度、薄毛てしまっても改善させることはできるのですが、
それにはお金も時間もかかります。できるだけ薄毛る前に気づいて、予防できる方がいいですよね。
薄毛には必ず前兆があります。その前兆を把握して、前兆のうちに効果的な対策をすることが、
薄毛にならないために大切ではないでしょうか。
 
薄毛の前兆にはどのようなものがあるのか、ご紹介していきます。
 

▼ 頭皮の状態をチェック

 
髪の毛というのは、頭皮から生えてきます。頭皮が土台になっている、ということですね。
草が土から生えるのと同じなのですが、土の栄養状態が良くないと、草は十分に生えることができません。
髪の毛も頭皮が良い状態になっていないと、良い髪の毛を作ることができないのです。
頭皮の状態の悪化は薄毛の前兆として現れるはずなので、見逃さないようにしましょう。
 
頭皮の異常としてチェックしておきたいのは、頭皮の赤みや痒み、フケや皮脂ですね。
頭皮が炎症を起こしている状態だと、赤みや痒みが必ず出てきます。
頭皮はお肌なので、肌の反応と同じだと思ってください。本来健康な頭皮は、比較的青白い状態です。
しかし赤っぽくなっているということは炎症が広がりつつあり、髪の毛には悪い土台の頭皮になっています。
 
次にフケや皮脂ですが、主に頭皮が乾燥しているときはフケとして、
頭皮から脂が出ている場合は皮脂として異変が現れます。
どちらも理想的な頭皮の状態とはいえないです。乾燥していても栄養不足ですし、
皮脂が出ていると毛穴に詰まって髪の毛が成長しにくくなります。
 

▼ 抜け毛の量をチェック

 
抜け毛が増えてきたなと思ったら、何だか薄毛が気になってきた…という人が多いように、
抜け毛が薄毛のサインです。しかし、自分自身で抜け毛が増えてきたなと思っている時点で、
すでに薄毛の前兆ではなく、薄毛が進行している状態です。
 
1日だけでもいいので、その日に抜ける髪の毛の量を意識してみてください。
朝起きて枕にはどれぐらい抜け毛がついているか、
その後ヘアセットをするなどしてどれぐらい髪の毛が抜けるか、
そして最後はお風呂で、髪の毛を洗うとどれぐらいの抜け毛があるのか、ですね。
 
健康的な髪の毛であっても、ある程度の本数は抜けます。
これは個人差や季節によって違いがあるのですが、50本から、
季節の変わり目になれば300本ぐらいは抜ける可能性があります。
これを基準にしてみて、あまりに多いようであれば薄毛が進行してきている証拠になります。
 

▼ 薄毛の前兆を把握して効果的に対策を

 
前兆のうちにケアしておくことがオススメです。
薄毛の前兆がわかれば、すぐにでも薄毛対策を始めることができます。
効果的な対策にできるだけ早くから取り組むことができれば、
かなり薄毛の進行を遅らせることができますし、
薄毛そのものを予防することだってできるようになります。
最近は治療の種類も増えているので、早ければ早いほうがいいです。
前兆のうちにケアしておくことをおすすめします。
 
やはりケアに使用するのは、 最初は育毛剤か治療薬が主流だと思われます。
色々な治療法はありますが、気軽に自宅でできるケアから、まずは始めたいですよね。
育毛剤であれば気軽に手に入りますし、自分でケアできるので毎日続けられます。
自分で髪の毛のケアをすることによって、良い変化も悪い変化も自分自身で感じることができるでしょう。
 
髪の毛を育ちやすくするためのケアなので、頭皮環境の改善にも役立ってくれるでしょう。
長く薄毛の前兆を見逃していると、症状が進行してしまいケアが大変です。
周りからの視線も気になって薄毛がコンプレックスになってしまいますよね。
 
前兆のうちにしっかりとケアして、長く健康な髪の毛を保てるように努力しましょう。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP