☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. FAGA(女性男性型脱毛症)とは

FAGA(女性男性型脱毛症)とは

FAGAは、女性の脱毛症の一種。女性男性型脱毛症ともいわれる症状です。
FAGAはFemaleAGAを省略した形で、AGAの女性バージョンにあたります。
 

AGAの特徴

 
そもそも男性型脱毛症AGAとは、男性ホルモンが原因で起こる脱毛症のこと。
血中を流れる男性ホルモンが、頭皮の毛根に入り込み毛の発育を妨げます。
また、AGAは「遺伝子的な原因がある」ということも特定されています。
AGAになると、頭頂部が脱毛したり、髪の生え際が後退したりする症状がみられます。
男性に最も多い脱毛症です。
 

FAGAの特徴

 
一方FAGAは更年期近くの女性に起こる症状です。
FAGAの原因はAGAと同様に、男性ホルモンによって毛の育成が阻まれます。
しかし、女性が持つ男性ホルモンは、男性よりも少ないため、
男性と同じ脱毛症状にはなりません。FAGAの症状は部分的な脱毛症状ではなく、
「全体的に髪のボリュームがなくなってきた」「髪が細くなった」という症状です。
AGAに似た原因・症状ですが、FAGAに、部分的な脱毛は起こりません。
これがAGAとの違いです。
 

FAGAの原因

 
FAGAの原因は、女性ホルモンが少なくなり、男性ホルモンの活動が活発になること。
30代~40代にかけて薄毛の症状が現れ始め、
特に女性ホルモンの分泌量が減る閉経後の女性に多くみられます。
また、まれにですが、20代から発症するケースもあります。
そのほか、FAGAには、加齢以外の原因もあります。
 
・ストレス
・ダイエットのやりすぎ
・生活習慣の乱れ
・過度なカラーリング・パーマ
 
特にストレスが原因で薄毛になるパターンが多いです。
現代社会では、人間関係、環境の変化、家事や育児、仕事などさまざまなストレスにさらされます。
こういったストレスがホルモンバランスや頭皮のコンディションを悪くし、抜け毛や薄毛を引き起こすのです。
 
他にもFAGAの原因といわれるものは多数あります。
しかし、実は、FAGAの原因ははっきりと特定されていません。
男性のように、発症する年齢も異なるため、FAGAの原因は男性ホルモンだけではないとも考えられています。
 
原因は多々ありますが、抜け毛がふえたり、髪のボリュームが減ったりしたらFAGAかもしれません。
薄毛の原因はたくさんあるため、個人の判断で治すことが難しいのが薄毛です。
気になったら、専門のクリニックで相談してみましょう。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP