☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

枕の雑菌で頭皮の臭いが加速してしまうことも

睡眠中に髪の毛は成長する

10

夜は髪の毛が成長する時間です。 
この時間帯に髪の毛や頭皮を清潔に保つように心がけることは髪にとって大切なことになります。 
 
もちろんみなさんはしっかり洗髪をしてちゃんと乾かして睡眠に入っていることと思いますが、枕はどのようにしていますか。 
 
実は、枕カバーを清潔にすることのメリットは多く存在していると言われています。 
シャンプーで髪や頭皮を清潔にしても、寝ている間に雑菌でいっぱいの枕に頭を載せていたら意味がありません。 

睡眠時の枕に雑菌がいるかもしれない

 
10
 
人間は睡眠中に汗をかきます。これは健康な代謝なので良いことです。 
 
でも、汗の水分によって枕に雑菌が繁殖してしまいます。 
空気中の雑菌が水分を得て活性化するのです。 
それに伴い、ダニも増えます。 
 
睡眠中の枕にはダニとダニの死骸、そして雑菌が増えていくのです。 
 
同じ枕カバーを何日も使い続けることは、雑菌とダニの温床に頭を預けていることと変わりありません。 

睡眠時の枕の雑菌

 
睡眠時に不潔な枕を使っていることは不衛生なだけではありません。 
雑菌などの汚れで頭皮の毛穴が詰まります。 
毛穴がつまり雑菌が毛穴に入ってしまうと、皮膚が炎症を起こしニキビができてしまうのも枕カバーの雑菌のせいかもしれません。 

枕カバーを洗濯して頭皮の臭い予防に

 
13 

人生の3分の1に当たる睡眠によって頭皮が臭う原因になっているなんて大変なことです。 
 
枕カバーはこまめに洗濯するようにしましょう。 
2、3枚の枕カバーを用意して、最低3日に一度は洗濯しましょう。 
 
その際、枕も日光消毒を兼ねて干し、よく乾かすようにしましょう。それにより、ダニの繁殖を抑えることができます。 
清潔な枕と枕カバーで睡眠することは単純に気持ちのいいことでもありますよね。 

髪の毛の生乾き状態も注意!

 
13

 

男性には、髪の毛を洗った後、自然乾燥している人が多くいますが、これは「生乾き」の状態で長くいることになります。 
部屋干しの洗濯物の臭いは、長時間の生乾きによる雑菌の繁殖がその原因です。 
 
自然乾燥のままでいると、髪の毛で同じことが起きてしまっているのです。 
湿気のために髪の毛や頭皮で雑菌が繁殖するのです。 
 
また、水分が蒸発していく時には気化熱というものが発生します。 
このときに、水分が髪の毛や頭皮から温度を奪っていくのです。表面温度が低下した頭皮の血行は悪くなり、これが頭皮の臭いやにもつながりかねません。 
これを防ぐには、ドライヤーによる短時間の乾燥がおすすめです。 
 

 

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP