☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. クリニックブログ

クリニックブログ

女性に多い薄毛症状の特徴とは

びまん性脱毛症とは

 
びまん性脱毛症とは、頭髪が全体的に薄くなってしまう脱毛症状のことです。
大きな特徴は、初期段階で頭頂部が薄くなり、次第に分け目が目立つようになり、最終的には全体が薄くなっていきます。
男性の場合はAGA(男性型脱毛症)といって、おでこの後退や、頭頂部1点が部分的に薄くなる症状が現れます。
しかし女性の場合は、全体が次第に薄くなる”びまん性脱毛症”が最も多くみられます。
 

FAGAとは

 
FAGAとは、「Female AGA」の略称で女性男性型脱毛症と呼びます。
FAGAは主にホルモンバランスの乱れが原因で現れる症状で、
更年期前後の女性ホルモンの低下によって目立ちやすくなります。
つまり更年期障害の出る45~55歳前後の年齢の女性であれば、FAGAになる可能性はあるのです。
 

牽引性脱毛症とは

 
牽引性脱毛症とは、髪を引っ張ることによって起こる症状のことです。
長期間特定の部位に負担を掛けると、頭皮の血行が悪くなり、髪の発育を妨げるのです。
たまにヘアアレンジをするという場合は問題ありませんが、毎日同じ場所に行うとなると、
牽引性脱毛症が起こってしまう可能性が大いにあります。おでこをアップにしている。
同じ分け目でピン止めを強くしているという方は、当てはまる可能性があります。
 
上記で紹介していたような脱毛症状にもし該当していたら、専門クリニックにて調べてもらうことがおすすめです。
びまん性脱毛症やFAGAは女性ホルモンに関わっている要素が大きいため、
医療機関の検査を受けなければ原因が解明できません。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP