☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 女性も「AGA」になる?

女性も「AGA」になる?

結論から申し上げると、女性はAGA(男性型脱毛症)になりません。
しかし、女性には女性ホルモンが原因となる「FAGA(女性男性型脱毛症)」という脱毛症があります。
 
女性ホルモンには、よく知られる〈女性らしさを作る〉働きの他、
〈髪の毛を成長させ健やかに保つ〉役割が備わっています。
出産・更年期などのタイミングで薄毛・抜け毛に悩む女性が増えるのも、
女性ホルモンが不安定になることが髪に影響するからです。
 
他にも、加齢や生活習慣によって女性ホルモンのバランスが崩れるとヘアサイクルが乱れ、FAGAの症状が出やすくなります。
 
AGAとの違いは、症状の現れ方にもあります。生え際の後退・頭頂部の薄毛など、
脱毛パターンが分かりやすいのがAGA(男性型脱毛症)。
対して、「ここが薄い」と線引きできるハッキリした薄毛の部位がなく、
全体的に薄くなっていくのがFAGA(女性男性型脱毛症)です。
また、FAGAの症状は40歳以降に多く、若い女性にはほとんど見られないのも大きな特徴です。
FAGA(女性男性型脱毛症)も、AGA(男性型脱毛症)と同じく専門的な診断や治療が必要になってきます。
しかも、女性の場合さらに細やかなケアが求められるため、近年では女性が薄毛専門クリニックを訪れるケースが急増しています。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP