☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 【薄毛治療薬】プロペシア錠(フィナステリド)とは?

【薄毛治療薬】プロペシア錠(フィナステリド)とは?

AGAの原因といわれている、男性ホルモンの生成を抑制させ、薄毛や抜け毛を防ぐ飲み薬です。
この薬は、厚生労働省が認可している、唯一の薄毛治療飲み薬です。
 
もともとは前立腺肥大症や前立腺がんの治療のために開発され、
使用されてきました。服用していた患者さんの中に「毛髪が濃くなった」という症状が出たことから、
研究が進みAGA治療薬として開発されました。
 
プロペシアは毎日決まった量を服用します。
6ヶ月程度の服用で効果が出始めるとされていて、
継続することにより薄毛の進行が止まったという方が多く報告されています。
なお、内服を中止すると再度脱毛症状は進行していきます。
 
継続的内服することにより効果が表れており、
6ヶ月の服用で48%、1年で58%、2年で68%、3年では78%の方が症状が改善されたと実感されています。
男性に対しては大きな効果が期待され、男性型脱毛症の内服治療薬としては第一に推奨されています。
 
ただし知っておいて頂きたいのは、このフィナステリドは女性に対しての適応は認められておりません。
つまり、女性男性型脱毛症(FAGA)に効きません。
さらに、妊娠中・妊娠している可能性・授乳中の女性に投与した場合、
胎児の発育に影響を及ぼす危険性があります。
また、万が一、分割・粉砕した錠剤に接触した場合、体内に有効成分が吸収されるので、
絶対に触れないようにしましょう。ご注意ください。
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP