☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 【薄毛治療薬】ミノキシジルとは?

【薄毛治療薬】ミノキシジルとは?

毛の成長や発毛を促す効果があるとされている外用薬です。
もともとは血管拡張の薬の成分として開発され、血圧を下げる降圧剤として使用されてきました。
しかし、薬の副作用として多毛症を引きおこすということがきっかけとなり、
AGA治療薬にも転換できるのではないかと研究が進み使用されるようになりました。
 
特に生え際よりも頭頂部の薄毛に高い効果が発揮するとされています。
生え際は頭頂部に比べ、若干血流が悪いため効果が出にくいようですが、
ミノキシジルは1年以上の長期投与において有意に発毛を促進させ大きな効果をもたらすとされ、
男性型脱毛症の外用治療薬としては第一に推奨されています。
 
また、ミノキシジル外用薬は男性・女性ともに治療薬として使用することが可能です。
投与配合の割合は違うものの、女性男性型脱毛症(FAGA)に対しても発毛促進の効果が認められています。
 
ミノキシジルとフィナステリド(プロペシア)は併用することが重要です。
その理由は、それぞれの足りない要素を補いあっているからです。
簡単に言ってしまえば、フィナステリドには薄毛の進行を抑える効果はあるが発毛効力が弱い、
ミノキシジルには発毛効果はあるが進行を抑える効力が弱いというわけです。
併用することで、お互いの長所を存分に発揮することができるのです。
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP