☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 出産後に抜け毛が増えるのはなぜ? Part.1

出産後に抜け毛が増えるのはなぜ? Part.1

出産後は、産後3ヶ月後くらい経つと、抜け毛が増えてビックリすることがあります。
 
お風呂の排水口や、ブラシにどっさり髪の毛が抜け落ちるのをみると、かなりショックですよね。
 
でも、妊娠して、出産すると、約3ヶ月から6ヶ月くらいは抜け毛が増える傾向にあるんです。
その理由は、妊娠時に女性ホルモンのバランスが偏っていた状態が元に戻ろうとする反動で、抜け毛が増えるのです。
妊娠時には、子宮をコントロールする働きのある女性ホルモンの「エストロゲン」が抑制されています。
 
エストロゲンは、子宮をコントロールする以外にも、毛髪の成長を促進する働きがあります。
通常、エストロゲンは、生理周期と同調して、排卵日前付近をピークに分泌量が増減しています。
 
出産すると、段々と抑制されていたエストロゲンの分泌量が戻ってきますが、
これまでエストロゲンがずっと抑制されていたために、一気にエストロゲンが増えてしまうんですね。 

一気にエストロゲンが増えた結果、
頭皮とエストロゲンの関係が一時的に異常にになってしまい、抜け毛の症状を引き起こします。
 
そのため、一時的に、髪の毛の成長が正常化するまでの間、数ヶ月間は、抜け毛が多くなります。 
ですので、通常は数ヶ月で、抜け毛は収まり、妊娠前のように髪が生えてくるので心配はいりません。
 
ただ、最近は、妊娠・出産した女性で、抜け毛が止まらず、薄毛に進行してしまうケースが増えています。
40代付近で高齢出産をした方や、頭皮環境が良くない方が妊娠・出産した方が薄毛に進行してしまうようです。
 
そこで次項では出産後も抜け毛が止まらず、薄毛にならないポイントをご紹介しますね。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP