☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 排卵と抜け毛の関係 Part.1

排卵と抜け毛の関係 Part.1

排卵と抜け毛の関係を知っていると、将来の薄毛対策ができます。
 
女性の髪の毛の悩みとして取り上げられることがある抜け毛、
薄毛は女性ホルモンと密接な関係を持っていると言われています。
  
排卵と生理のサイクルがあるため、女性ホルモンのバランスは、約28日の周期で変化します。
 
抜け毛や薄毛の原因になるのは、女性ホルモンが減少する
排卵のタイミングで、生理前に抜け毛が増える女性も多いようです。
 

<抜け毛は女性ホルモンが原因で起きる?>

 
抜け毛や薄毛のトラブルは、食事や生活習慣にも深い関係があると考えられていますが、
女性の場合にはホルモンバランスに強い影響を受けます。 
女性ホルモンのエストロゲンは排卵や生理の周期によって、分泌量が減少することがあります。
 
エストロゲンが減少した場合、もう1種類の女性ホルモンのプロゲステロンが増加します。
ふたつの女性ホルモンにはそれぞれ髪の毛に対しての異なる働きがあるため、
ホルモンバランスによって抜け毛や薄毛が増えると言われています。
 

<女性ホルモンのエストロゲンと髪の毛の関係とは?>

 
エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは、髪の毛の成長を促進したり
維持したりするために必要だと考えられています。
 
つまり、エストロゲンが分泌されている間は髪の毛がしっかりと成長するのですが、
排卵などの周期によって減少すると髪の毛の成長をキープできなくなると考えられます。
 もうひとつの女性ホルモンにプロゲステロンと呼ばれるものがありますが、
プロゲステロンが分泌されると抜け毛が増えるケースがほとんどです。
 
プロゲステロンは皮脂を活発に分泌させる働きも持っているため、
多く分泌される期間には頭皮の皮脂が多くなることで抜け毛や薄毛、
その他の頭皮トラブルも増えると言われています。
皮脂汚れで頭皮トラブルが起きないようにシャンプーを使ってヘアケアをすることも大切です。
 
次項では、排卵以外でもエストロゲンは減少する事などについて記載致します。
 
 
川崎中央クリニックでは、薄毛のお悩みに関して
無料メール相談と無料カウンセリングを行っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP