☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. AGA大辞典 > 
  3. 皮脂が少ないのもNG!? 髪を洗いすぎることで薄毛が進行

皮脂が少ないのもNG!? 髪を洗いすぎることで薄毛が進行

59

薄毛が気になりだすと、髪を清潔に保つため、髪を一生懸命洗う方がいます。
 
しかし、髪を洗いすぎるのは逆効果だということを知っていましたか?
洗いすぎは清潔どころか薄毛を促進させる原因となるので注意して下さい。
 
今回は過度な洗髪が薄毛を進行させるメカニズムについて説明します。
 

皮脂の分泌を促す

60
 
薄毛の原因は多岐に渡りますが、一般的には頭皮の頭皮を保湿する成分があり、皮脂が少なすぎる頭皮は表皮の新陳代謝を低下させ、炎症ができやすくなります。
 
また、頭皮の乾燥はフケやかゆみ、抜け毛、薄毛の原因ですから、皮脂が無いということは決して頭皮環境が良いわけでは
ありません。
にも関わらず、皮脂こそが悪だと考え、皮脂を完全に無くして清潔にしようと髪を洗いすぎる方がいます。
 
過度に洗いすぎると、体が不足分の皮脂を補うために通常以上の皮脂を分泌するようになってしまうのです。
皮脂は多すぎても少なすぎても髪に悪影響を与えるため、適度な洗髪を心掛けて下さい。
 

洗浄力の強いシャンプーの使用

市販で売られているシャンプーの中には洗浄力や脱脂力が強すぎる物があります。
 
界面活性剤であるラウレス硫酸系の成分を含むシャンプーが最たる例です。
 
確かに強い洗浄力はさっぱりした感覚を与えてくれるため、キレイになったと満足できるでしょう。
 
しかし、先ほど述べたように「皮脂を取りすぎるのはNG」です。
洗浄力が強すぎるラウレス硫酸を含むシャンプーは必要な水分・油分までを奪ってしまいますし、毛根にも深刻なダメージを
与える可能性があります。

 
シャンプーの知識と髪の洗いすぎの危険性を知らないと、ラウレス硫酸のシャンプーで数回洗髪してしまい、薄毛になり易い
頭皮環境を作り出してしまうかもしれません。
 

頭皮の状態で洗い方を変える

61
 
洗いすぎることで薄毛が進行するので、洗いすぎないように意識してみることが基本です。
 
基本的にシャンプーを1日2回以上使うことは洗いすぎの範疇に入ります。
多くとも1日1回に留めておきましょう。
 
10代、20代は新陳代謝が活発であるため、しっかりと洗髪しなければなりませんが、30代を過ぎると回数の調節が必要
になります。
 
洗髪というとシャンプーを使わなければならないというイメージがありますが、お湯で髪を洗うだけでもホコリやごみ、
皮脂は落ちる
もの。
皮脂の状態を考慮してシャンプーの使用を検討して下さい。
 
季節によっても皮脂の分泌が変わります。
秋冬は空気と共に頭皮も乾燥傾向にあるので、シャンプーの使用を控えるのがオススメです。

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP