☆オンライン予約☆ 24時間受付中!

カウンセリングを予約 メールで相談

  1. ホーム > 
  2. お悩み相談室

お悩み相談室

お悩み相談室

薄毛治療で薬以外の方法で検討したい(薬アレルギーあり)
 
M字ハゲがかなり進行しています。
 
まず、薄毛治療として内服薬が一番に浮かんだのですが、
元々薬のアレルギーがあるため、薬の内服は避けたいと思っています。
 
次に、植毛が浮かびましたが、自分の髪でないことに違和感があります。
 
その他に頭皮へ注射するというものもあるそうですが、
注射は病院によって異なるものですか?
 
そして、頭皮への刺激が強すぎたりはしないのでしょうか?
 

 

当院では植毛は行ってはおりませんが
植毛に関しましては、自毛植毛がほとんどです。
そのため生着率も高いものが多いのではないかと思います。
 
薬のアレルギーがあり、薬を避けたいとのことですので
発毛を促す「幹細胞成長因子」を頭皮に注入する
治療を行っております。
 
日本人の頭皮に合わせた薬剤因子であり
頭皮への刺激が強いということもございません。
 
病院によっては注射の種類が異なることもあるかと思いますが
当院では、日本全国で行っている治療法でもあり、
医療機関のみで行う毛髪再生療法です。
 
毛髪再生療法に関して、ご相談に来ていただければ
詳しくご説明させていただきます。
 
HARG療法とは

 

20代でAGA治療を経験している人
 
以前、AGA専門クリニックで診断してもらったところ、AGAだと言われました。
 
その時はすぐにどうにかすることもなく、
何も治療をせずに終わりました。
 
今、20代ですがやっぱりAGA治療をしようと決めています。
同世代、20代でAGA治療をしている人はいますか?
 
20代でAGA治療の経験者はいるのか、
そして経過がどうなっているのか人の声が気になります。
 
また、20代でおすすめのAGA治療などはあるのですか?
 

 

AGA(男性型脱毛症)は10代からでも進行する
脱毛症のことです。
 
当院でも20代の若い人が、薄毛治療に積極的な方も
いらっしゃるほどです。
 
年齢というよりも、薄毛がまだ進行していない方は
治療の効果を期待できるので
早めに治療、対策をされることをおすすめしております。
 
その方の状況に合わせた治療をご説明しておりますが
AGAの原因でもあるものの力を抑える
プロペシアやザガーロの薬の服用を
おすすめいたします。
 
プロペシア、ザガーロ
 
年代別の症例写真

 

抜け毛の短小毛はAGA?
 
抜け毛自体はさほど多いとは感じませんが、
朝、起きて枕についている抜け毛が短小毛?で
かなり多く抜けている時が気になっています。
 
いつからこんな抜け毛になってしまったのかは
覚えてはいませんが、昔はこんなに
短小毛がボロボロ抜け落ちたことはありません。
 
社会人になってから不規則な生活になっているので、
そんなところも髪に影響しているのではと思っています。
 
これはAGAの症状でしょうか?
 

 

短小毛だからAGAだとは一概に言い切れません
短小毛が以前よりも多くなってきているというは、
抜け毛が進行し、AGAの可能性はあります
 
短小毛だけれどAGAではない場合には、
頭皮には産毛上のものが存在していて
その産毛が抜けてきているという可能性もあります。
ヘアサイクルが乱れていることもよくあることです。
 
他にも、抜け毛が増えやすくなる季節の変わり目
細胞分裂による自然な抜け毛などもあります。
 
また生活の中でも髪に直接あたるドライヤー、紫外線、帽子
などが影響して、抜け毛を招くということも
考えられると思います。
 
短小毛がしばらく続くようでしたら、
AGAかどうかを調べるために一度ご相談ください。

 

HARG療法が受けられない人はいる?
 
HARG療法は毛髪を再生させるための先端治療だと聞きました。
HARG療法のその方法や効果などはネットで知れますが、
どこもまだ体験談が少なく感じます。
 
HARG療法を受ける方は川崎中央クリニックさんでは多いですか?
また、HARG療法を受けられない人はいますか?
 

 

当院ではHARG療法を多くの方が受けられております。
 
実際にホームページで症例写真もアップしていますが
今後もHARG療法を受けた方に内容を伺いながら
HARG療法の体験談を随時、アップしていきたいと思います。
 
HARG療法を受けられない方というのは、
以下のような方が該当する場合があります。
 
・現状の頭皮状況が炎症などにより、よくない方
・薄毛かどうか判断しにくいお子様
・明らかに毛根を失っている方

 
HARG療法の効果が見込めない可能性が高いため
受けられないこともございます。
 
実際、HARG療法が受けられないかどうかは
頭皮を見させていただき判断いたします。
 
川崎中央クリニックのHARG療法症例写真

 

頭皮が弱いけど薄毛治療はできるか?
 
頭皮を刺激しすぎたせいか、頭皮が弱くなっている気がします。
というのは薄毛が気になり、丁寧にクシでとかしすぎたり、
シャンプーも強めにやってしまっていました。
 
今は、かゆみや赤みの炎症は治まっていますが、
薄毛は変わらずに気になるため
薄毛治療をそろそろ始めたいなと思っています。
 
私のような薄毛でありながら頭皮の刺激が気になるときは
刺激になる薄毛治療というのは控えるべきですか?
 

 

頭皮に炎症やかゆみ、赤みなどが起きている場合、
薄毛治療は控えるべきだと思います。
 
頭皮が今、落ち着いているのであれば
その方の頭皮に合わせた治療はございます。
 
また頭皮に炎症がある場合には、
直接アプローチするものを控え
内服など体内から薄毛へのアプローチをするものも
ございますので、頭皮への刺激が気になるようでしたら
内服薬という選択肢もご検討ください。
 
ご本人の頭皮状況に合わせアドバイスさせていただきます。
 
薄毛のための内服薬・外用薬

 

PAGE TOP

無料メール相談・無料カウンセリングの予約

PAGE TOP

あなたの抜け毛を毛髪診断士がお調べいたします
  • HARG療法発毛率98%
  • PRP毛髪治療法「自分の血液で」発毛・育毛!
  • 市販の育毛剤との違い
  • よくある質問
  • よくある質問
  • お悩み相談室

アクセス

神奈川県川崎市川崎区駅前本町
10-5 クリエ川崎 5階
(川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分!)

GoogleMapで地図を見る
休診日のご案内